白ニットって万能選手?

何にでも合うので

着やすいですよ♡


そう言われて

手に取ることも多いでしょう。


白いニット。



確かに、


白いニットだと

どんな色のボトムスとも合います。


色の合わせ方は無限大。

とても自由に着られますね!


ですが、

そのニットは、


どんなシーンにでも

着られるニットですか?




例えば、この2つの白いニット

どちらも

白いニットに変わりありませんが

印象に違いがありますね。


=============== 左がカジュアルでラフな印象 右が大人っぽくきちんとした印象 =============== 例えば、 スーツのインナーに合わせたいのは 左のニット?

右のニット?


右のニットですよね!

その印象の違いは どこから来るのでしょうか。


●ポイントは編み目の違い●

ローゲージニット』 

ハイゲージニット

・ローゲージニットは、

 ザックリと編まれ目が荒い ・ハイゲージニットは、

 編み目が細かく目が詰まっている



こちらが

ローゲージニット

ザックリとした編み目や凸凹が目立ちます。 ハイゲージより厚手のニットが多く ナチュラルでカジュアルな印象になります。 デニムやスニーカーと相性◎。

一方で

ハイゲージニットは、

細かく編まれていて

編み目が目立ちません。



一般的にゴワゴワしないものが多く

さらっと合わせられます。

大人っぽく洗練された印象なので、

スーツのインナーにも◎。




着まわしがしやすいのどっち?

これは、人によります!


リラックスした服装や

スニーカーが好きな人


手持ちの服に

ジーンズなど

カジュアルなものが多い人にとっては

ローゲージニットの方が着まわしやすいですし



お仕事で

ジャケットを着用していたり

ヒール靴が好きな人


手持ちの服に

きれい目アイテムが多い人にとっては

ハイゲージニットの方が着まわしやすいです。



ただ個人的に


わたしたち大人女子は

ハイゲージのニットの方が

使い勝手がいいと感じています。


スーツのインナーとして使えるような

ピタッとしたハイゲージニットは


カジュアルに

仕上がり難いですが


ハイゲージでも

肩が落ちたような

大きめニットがありますし、

(ざっくりニットと呼ばれています)

そちらだとカジュアルコーデにうってつけです。


同じざっくりニットでも

網目がない方が

大人っぽく洗練された印象に仕上がりますよ!



色も大切なのですが、


ぜひお洋服の持つ雰囲気(テイスト)にも

目をむけてみてくださいね^^




© 2021 by Bella fiori

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Bella fiori -似合うを探す旅へ-

  • Ameba
  • Instagram
スクリーンショット 2020-02-03 18.29.51.png